エンジニアの成長に必要なものって、なんだろう。

私たちには、本気で見たい世界があります。
すべての人が、いつどこで、どんな状況にあっても
自分らしい意思決定ができる世界。
一人ひとりの自己実現によって、
オリジナルなものごとが次々と生まれる世界。

その実現のためには、強いプロダクトが必要です。
つまり、他にはないプロダクトを創り、磨き続ける
エンジニアが、私たちには必要不可欠なのです。

だからこそ私たちは、エンジニアが自ら挑み
成長できる環境を、これまでずっと追い求めてきました。
新たな技術導入の背中を押すカルチャー。
現場のスピード感を重視したチーム組成。
欲しいタイミングで入る、的を得たフィードバック。
クリアかつオープンな評価。

これらを貫くのは、エンジニアへの愛。
そしてリスペクトです。
唯一無二の強いプロダクトを生み育て、
触れた人々の創造性を解放し、世界を変える。
(とても、とても大事なことなので繰り返しますが)
その源は、一人ひとりのエンジニアに他なりません。
だからこそ私たちは、これからも模索していきます。
エンジニアの自発的な挑戦を尊重し、
彼らが「やりきれる」環境を。
エンジニアの伸びしろは、環境で変わる。
この信念を胸に、私たちユーザベースは
今日も仲間たちとエンジニアの成長のために
できることを考え、
時に試行錯誤しながら、その取り組みをお伝えしていきます。

もっと成長したいと願う、すべてのエンジニアへ。

Our Tech Culture

ユーザベースのビジネスを支える2つの開発組織

BtoB向けSaaSプラットフォーム

Mission

技術力で、ビジネスをリードする

ビジネスパーソン向けメディアサービス

Vision

経済情報を、技術でもっとおもしろく

Podcast

(最新コンテンツ)

Message

from Co-CEO

創業者/代表取締役Co-CEO 稲垣 裕介
創業者/代表取締役Co-CEO

稲垣 裕介

ユーザベースの強みはなんと言っても、プロダクトです。強いプロダクトがあるからこそ、多くのお客様に対して新たな価値を提供し、私たち自身もどんどん進化していくことができます。

この私たちのプロダクトの強さの源泉は、人とテクノロジーの力がかけ合わさり、プロダクトの競争優位性が形成されていることです。

創業期に、私自身がエンジニアの立場で、ビジネスチームと喧々諤々議論してお互いの視点から妥協せずに一緒にプロダクトを作ってきました。

今も変わらず、フラットかつオープンに、エンジニアとビジネスチーム双方の視点からアイディアを出し合い、切磋琢磨して一緒にプロダクトをつくっていくことを大切にしています。

人とテクノロジーの力が組み合わさり、これまでにない新たな価値を生み出すことに成功している ー この片翼のテクノロジーを担っているのが、エンジニアチームです。

様々な個性あるメンバーが集まり、いまでは、既存事業の成長や、毎年どんどん生まれていく新規事業の立ち上げを支えている強いエンジニアチームに成長しています。

そして、これからさらに、日本発のグローバルで使われるシステムを作り上げるためにも、エンジニアの力は必要不可欠です。

だからこそ、私たちは、そんな一人ひとりの強いエンジニアたちが自分らしい成長・挑戦ができる環境を追求しつづけています。

ぜひ新しい技術に挑戦することでエンジニアとしても成長し、世界を変えるプロダクトを一緒につくっていける仲間になっていただければと思います。

  • UB JOUNAL
  • UB note
Page top