ITエンジニアの働き方を尊重し、技術的な成長を促進する開発組織に求められるものとは? ──ユーザベースの取り組みに見る

f:id:uzabase:20210630145042j:plain

ユーザベースの開発組織では、全ての仕組みや制度が「エンジニアが成長でき、かつ個性を発揮して働けること」を前提に構築されています。採用する技術を決める権限がエンジニア全員に与えられているだけではなく、ペアプログラミングや社内勉強会の積極的な実施、エンジニアの成長を促す評価・昇進・昇給制度の構築などが行われています。

エンジニアが尊重される文化を醸成する仕組み作りの事例として、ペアプログラミングによる知見の共有を推し進め、プロダクトに導入する技術選択にもかなりの自由を持たせているユーザベースの、エンジニアを支える開発組織と企業文化についてのインタビューが掲載されました。

続きは以下のボタンからご覧ください。

© Uzabase, Inc. All rights reserved.