読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZABASE Tech Blog

株式会社ユーザベースの技術チームブログです。 主に週次の持ち回りLTやセミナー・イベント情報について書きます。

エンジニア向けMeetupイベントレポート 第4回:『大規模サービスを支えるインフラ』

こんにちは!SPEEDA Techチームの清水です。

毎月開催してきたユーザベース Meetupも、ついに第4回を数えました。
回を重ねていくうちにノウハウも溜まってきております。

開催内容:『大規模サービスを支えるインフラ』

uzabase-meetup.connpass.com

今回はNewsPicks CTOの杉浦が司会を務めました。 ぜ、ぜんぜん滑ってなんてないんだからね! f:id:kaonash:20160719094340j:plain

さて、第3回に引き続き、今回も外部からスペシャルゲストをお招きいたしました。
ファッションアプリiQONを開発するVASILYさんのインフラエンジニアを担当している光野さんにご登壇いただきました。
実はVASILYさんは、ユーザベースが入っているビルの下の階にオフィスを構えているというご近所さん。そのご縁もあって時折エンジニア同士の交流をしており、今回も登壇をお願いいたしました。
f:id:kaonash:20160719094402j:plain

内容はPackerやChefを活用して開発環境と本番環境を同じVMイメージから一括作成するというもの。自動化素晴らしい。
speakerdeck.com 以前、Vasilyさんの他の社員の方のプレゼンを見た時にも感じましたが、みなさんプレゼンがうまい!
ユーザベースも魅力的なプレゼンが出来るように頑張らねばと刺激をいただきました。

ユーザベースからも、それぞれSPEEDAとNewsPicksでインフラを担当しているエンジニアが登壇いたしました。
SPEEDAはオンプレ、NewsPicksはAWSを使用しているため、お互い異なるノウハウや悩みがあり、どのように課題を解消しているのかについて発表をしてもらいました。

そしてお決まりのビールとピザで懇親会がスタート!
f:id:kaonash:20160719094416j:plain 懇親会では、いつも様々なバックグラウンドをもつ方と交流を深めることができ、大変有意義な時間となっており、今回も非常に実りある時間となりました。

今後の予定

ユーザベースでは定期的にMeetupイベントを開催しています。
次回は調整中ですが、8月下旬に開催をする予定です。
詳細が決まり次第connpassで募集を開始いたしますので、まだ参加をしたことがない方やリピーターの方も、ぜひ遊びに来てください!

子育てと仕事を両立できる、ユーザベースでの働き方とは

こんにちは、インフラチームの小林です。

僕は、仕事と子育てを両立させながら働くエンジニアです。本当に両立できるのか、今回はユーザベースでの働き方についてご紹介します。

我が家は夫婦共働きで、5歳と2歳の娘がいます。

妻は今年の4月に復職が決まり、次女にも保育園に通ってもらうことになりました。保育園探しは大変で、やっと決まって安心したのもつかの間、1日目から長時間あずかってもらえるわけではないということに気付きました。

保育園に通うことを慣れてもらうための、「慣らし保育」というものがあったのです。

この期間中、次女のお迎え時間はお昼過ぎ。近くに親族もいないし、妻は復職します。さあどうしよう。悩んだ末、「僕が在宅勤務をする」という選択肢を選びました。育児・家事も分担制にして、朝は僕が家事や洗濯、登園準備を担当し、夜は妻にバトンタッチすることにしたのです。

自由と無責任は違う

僕が在宅勤務という選択をするにあたり、強く印象に残っている代表の梅田の言葉があります。

「仕事だけの人生ってつまらないよね。プライベートも大事にして、仕事とプライベートを高次元でバランスさせて、互いが原動力となり両輪がしっかりとまわっていく。そんな状態が理想だし、それを実現させるために起業したんだ。だから、生産性の向上をひたすら追及し、みんなが高いパフォーマンスを発揮することによって世界一休みが多い会社にしたい。」

tech.uzabase.com

もちろん、在宅勤務は休みではありません。会社という場所にとらわれずに働くという選択肢です。だけど、子育てというプライベートを大切にしながら働きたい、そう思ったときに梅田の言葉が背中を押してくれました。

とはいえ、自分が達成すべき仕事にコミットしなければ、在宅勤務で子育てをするという僕の願いはかないません。きちんと責任を果たしたうえで、望みがかなう。個人的には、この順番を間違えてはいけないと肝に銘じ、在宅勤務でも結果を出すことで、周りも前向きに協力してくれると考えました。

チームメンバーに感謝

エンジニアという職業に就いている方は、「いやいや、そうは言っても顔を合わせて仕事をしないと厳しいときもあるでしょ」と思うでしょう。実際、在宅勤務を始めたときは、まさに佳境でした。スケジュールもタイトで、家にいると作業効率も落ちてしまう。

しかも、僕が在宅勤務になることで、他のメンバーにも仕事の引き継ぎが発生。「これは本当にフェアなのだろうか」という疑問があり、正直、在宅勤務を決めたことへの後ろめたさがありました。

その複雑な胸の内を、勇気をもってチームメンバーに話したんです。すると、反対どころか「ぜひ在宅勤務をしてください」と応援してくれて。本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

今後、子育てをするメンバーが増えてきたとき、僕は「大丈夫!僕もそうやってやってきた!」と伝えたい。みんなが胸を張って子育てに向かえるよう、後押しするのが最低限の恩返しだと思っています。

育児と仕事の葛藤

そうして、僕の在宅勤務が始まり、育児と仕事の両立という貴重な経験を積むなかで、改めて「子育て」と「時間通りに働くこと」のバランスをとることの難しさを実感しました。

娘を送り出した後、仕事に集中できたと思えば、あっという間にお迎えの時間。お迎えに行くと、娘は僕の顔を見るなり号泣するので、つきっきりであやさないといけない。やっと寝かしつけたとしても、一緒に寝落ちしてしまうこともしばしば。仕事に集中できる時間が本当に限られてしまったのです。

育児に「時間」という概念が入ると、急に難易度が上がります。朝のバスの時間、お迎えの時間など、いつも会社で仕事をしていること以外に決められた時間があるのは、想像以上に大変です。

それに、子ども相手に無駄を省いて効率的に動こうとすれば痛い目をみます。特に次女は、自我が芽生えてきた時期なので、着替えなどを手伝おうとすると「自分でやりたい」と大泣きし、予想以上に時間がかかってしまう。だから、決まった時間にすべてをこなすためには、相当な余裕を持った行動が必要でした。

こうした経験から、育児をしながら仕事をするには、かなり時間が限られるということが分かりました。子どもたちがいない時間が唯一仕事に集中できる。でもその前後は、まったく時間が取れない。当然、仕事に集中できる時間以外に対応しないといけない仕事もあるので、なかなか大変です。

もちろん、「もっと仕事をしたい」という気持ちはあります。だけど、僕にとって子育ては同じかそれ以上にやりたいこと。最近では、仕事と家族との時間の切り替えをうまくやることで、メリハリをつけながら働けるようになりました。

何より、ワークライフバランスとは、仕事とプライベートの陣取り合戦ではなく、お互いに補完し合うものなのだということが分かったのは収穫です。

ユーザベースという会社は、自分がコミットした仕事を全うし結果を出せば、働く時間も場所も自由です。出社義務もありません。そのような環境だからこそ、仕事とプライベートを高次元でバランスさせて、互いが原動力となり、仕事と育児という両輪をしっかりとまわすことができたのです。

あのとき、僕が在宅勤務をするという選択をして本当によかった。

人生は一度きりです。仕事もプライベートも両立させてこそ、豊かな人生になるのではないかと思います。最初は大変でしたが、学びも多く、毎日出社しているだけではわからない世界も知りました。だから、少しでも興味を持ってくれたなら、ユーザベースに遊びに来て欲しい。ぜひ一緒に働いてみませんか?

応募に関する詳細はこちら:www.wantedly.com www.wantedly.com

エンジニア向けMeetupイベントレポート 第3回:『チームの生産性を向上させる』

SPEEDA Techチームの清水です。

連日のユーザベースMeetupレポート、第3弾です。(連日更新しているのは今まで更新をさぼっていたからですごめんなさい)
第1回、第2回レポートはこちら↓ tech.uzabase.com tech.uzabase.com

開催内容:『チームの生産性を向上させる』

今回のテーマは「チームの生産性を向上させる」です。
uzabase-meetup.connpass.com

第3回では、初の試みとして社外から登壇者をお招きしました。
ライブ共有型スポーツニュースアプリ「Player!」を開発するスタートアップ、ookamiさんよりCTOの中村さんをお招きして、Githubを中心とした「Player!」の開発手法についてお話いただきました。
f:id:kaonash:20160624170647j:plain

その他にも弊社エンジニアからユーザベースでのチーム開発の進め方やSlackを用いたChatopsの発表も行い、生産性向上への取り組みについて熱く語ってもらいました。
参加者の方々もいつも以上にたくさんの質問を登壇者に向けて投げかけていたのが印象的でした。

発表後のお楽しみ

そして懇親会。 お決まりのピザ&エビスビールです。
f:id:kaonash:20160701130952j:plain
終了後には運営に協力してくれたメンバーで記念撮影。ユーザベースTシャツで統一してみました。
f:id:kaonash:20160701131001j:plain

次回告知

第4回は7月7日の七夕に行います。テーマは「大規模サービスを支えるインフラ」です。
uzabase-meetup.connpass.com

恵比寿で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!